主にゲームに関する日記や感想、情報などを自己満足のために記録するブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリアしたので感想でも

ちなみにプレイ時間25時間ほどでノーマルエンド。
その後1時間ほど調整してメーカーエンド、更に調整して各都市エンドを見ようと思ったんですが真エンドルートに入ってしまったらしく結局30時間ちょいで真エンドを迎えたという程度のプレイ状況です

シナリオ
単純かつ明快、基本王道でその中にゲーム関係のコア(?)なネタを混ぜながら進んでいくので前も書いたとおり元ネタを知っていないと面白さ半減。そういうネタが許容出来て楽しめるならオススメ出来ます。

ただストーリーの進みが街でイベント⇒ダンジョン⇒町でイベントとRPGなら普通なことなんですが基本イベントは全部ADV、わかりやすく言うとギャルゲエロゲスタイルなのでとにかく地味。演出等も皆無なのが残念すぎる

あと最初のプレイ時間を見てもらったらわかるようにボリュームは最近のRPGとしてはかなり少なめ
その分トロフィーは楽なので目指してみてもいいかも

戦闘
戦闘はシンボルエンカウントで序盤はただ適当にボタン押して攻撃する程度ですが技が増えてきて多少コンボルートを変えられるようになってくるとちょっと面白い。ゼノギアス、ゼノサーガ1作目みたいにボタンの組み合わせによって発動する技が変わります

DSC00186b.jpg

難易度は雑魚戦はあまりきつくなくボス戦は割りと強いという悪くない難易度。時折見るからに強そうな敵がうろついているのでそいつらに気をつければサクサク進められるはず

システム
ロード時間は問題なし。あと正直このゲーム特有の「これだ!」と言えるシステムというのがあまりないのでよくも悪くも普通。
あえて言うならシェアと呼ばれるその地域における流行みたいなものがあること。例えば主人公ネプギアが所属する国がプラネテューヌというんですがそのシェアが高いとその地域では能力が上がる・・・みたいです。ほとんど実感はありませんがw
あとこれがエンディングにも関わってくるのでなるべく短いプレイ時間でエンディングをたくさん見たいなら調整が必要なようです。
他にはこれといって特筆すべき物はないですがアイテム開発、依頼、コロシアム、好感度等あります。どれもあまり凝ってませんがw

あーあとダンジョンとかでのFPS低下によるカクツキは単純に酷い

総評
見た目と設定、ネタとかはぶっ飛んでますがゲームとしては特別ここがよくてここが駄目みたいなことがあまりない地味なゲームという印象でした。見た目で惹かれたのなら買って損はないんじゃないでしょうか。あとパンチラしまくりなのでパンツァーな紳士な方にもオススメ。更にゲーム内で水着を買えばそれに着せ替えも出来ます

DSC00192b.jpg


個人的評価
70/100


1周目クリアしました

最後までなんだかなぁというような展開でしたね。エンディングもキャラにあまり愛着が湧いてないせいかこれといった感慨もありませんでした

それでもあえて順位を付けるとすると個人的には

レイア≧エリーゼ>ローエン>アルヴィン>>ミラ>>>>ジュード

と言った感じ。
レイア、ローエンは比較的まともなのに結局ミラ教に入信してしまって残念。エリーゼはとりあえず可愛いからこの順位ですが思いのほか黒すぎる。アルヴィンはかなりの屑ですが嫌いではない。ミラはこの酷いシナリオの元凶。ジュードはただのミラの信者兼ストーカー、主人公には程遠い

一番最初ですでに教授に吉報を知らせるために施設に無断侵入しようとした時点で『ん?』と思いましたが最初から最後までまさかそんな調子とは。
優等生ならそんなことして捕まったら恩師に迷惑が掛かることくらい考えろよ。ティポのこととか本当に色んなところに突っ込みが必要なシナリオだわ

グラフィックもせっかく向上したのにフィールドは何故かどこも岩壁に囲われているという謎仕様、しかも色が変わっていたりしますがほぼコピペっぽい作り
町もダンジョンもかなり残念な作り。序盤のキジル海瀑は割と好き、というか他がない


あとは一番重要視している戦闘ですがこれは悪くはない
悪くはないけどやはりここも調整不足。キモであるリンクシステムがCPUがお馬鹿なせいでこちらが敵の近くにいかないと作戦を変えても棒立ち。更に必ず敵を挟もうとするのも考え物。共鳴術技もキャラ間でかなりの数の違いがあるのはいかがなもんでしょう。ジュードとミラで多いのは目を瞑ったとしてもそれ以外のキャラ同士だと3個ってふざけんな!
秘奥義も1人で撃つものなのにリンク状態じゃないと出せない謎、ゲージはパーティ共通なのであまり撃てないのも残念。だけど敵のボスは何回も使ってくる不条理

バンナムなので完全版がもしかしたらあるのかもしれないけど今回はベースが悪すぎて相当手直ししないと無理そうですね。今回売り上げは良かったんだから次回作はちゃんと作ってほしいわ
あーあとテイルズに限ったことじゃないがDLCの値段ふざけんな

不満がありすぎていいところを書いていないことに気付いたw
・序盤からボタンひとつで各町やダンジョンへ一発で飛べるのは便利、これのおかげでサブイベントがサクサク進められる
・戦闘も完成度はイマイチですが他のテイルズとは違う面白さはあります
・ロードが早い、これはゲームの快適さに直結するんですがテイルズは割りと安心
えーと箇条書きにしたのにあまり思いつかない


まぁでもダークソウルに続きこれも楽しめないわけでもないんですよ。ただこれをやるくらいなら他のテイルズをやったほうがいいかなぁ

個人的評価
60/100

ダンジョントラベラーズをPSPでやりつつPS3ではこのゲームをプレイしていました
そしてつい先ほどプラチナトロフィーを獲ったので感想でも

元々ゲームとしても興味はあったんですが舞台がヴェネツィアと知り購入決定
ヴェネツィアと言えば個人的に大好きな『ARIA』の舞台の元になった場所。それは是非やっとかないといけないでしょう

内容は癒しとは程遠いアサシンとしての生活なんですがw
ただこのゲーム町を本当に自由に移動できるためサン・マルコ広場などにも訪れることが出来ます。実際になんてそうそういけないのでこれで我慢。

ちなみに特にこれといったイベントはないですがゴンドラも漕げます。ARIA好きにはこれはかなりうれしい、これでアリア社長のあとでも追ってみたいものです


ストーリーの方は1からの続きみたいなので理解したい方は素直に1からやったほうがよさ気。アサシンになってからは特に問題なくプレイできるはず

舞台はヴェネツィアだけではなくフィレンツェ他3つほど。それぞれに箱庭がありそのなかを自由に動けます。正直この移動がこのゲームの醍醐味みたいなもんで各町にはお金の入った宝箱や羽(収集アイテム)、隠されたシンボルや扉を探すのが楽しい。羽なんかはヒントがほぼないので攻略サイト必須ですが

移動のときはいいんですが戦闘関係は結構大味。カウンターが強すぎるため基本それ狙いになってしまう
あと煙玉無双

ゲームの性質上ターゲットの暗殺がメインとなるため本筋もサブミッションも似たようなものであまり変化がなく単調になってしまうのが残念なとこ。
暗殺以外では尾行や手紙の配達、町の中のチェックポイントを回るタイムアタック的なものなどがあります

こんな感じ?
面白そうとは思っていたけど想像以上に楽しめたゲームでした。
トロフィーがかなり取りやすいのもうれしいところ。正直これくらいがちょうどいい

余裕が出来たら続編のブラザーフットか1の方もプレイしてみてもいいかも

個人的評価
88/100



□7月
白騎士物語 -光と闇の覚醒-と遅れてのブレイブルーCS

白騎士は一言で言うと大ハズレ。PVに見事に騙されたw
素材は悪くないのになんでこんな駄目に出来るのかが疑問、オンもクエストの仕様も駄目すぎるし
オンかオフのどっちかに絞ってバランス調整したほうがよかったんじゃなかろうか
そんなこんなで挫折

ブレイブルーはアルカナの移植に対しての感謝で買ったものですが元々ギルヲタだった自分にとって楽しめないわけがない。
キャラ固有のドライブの存在が難しくもあり面白くもあり

□8月
特になし。ようやく世界樹をクリア

□9月
ポケットモンスターブラック・ホワイト
ダイパ以来のポケモンでめちゃくちゃ久しぶりと言うわけでもないですがそれでもそこそこ久しぶりw
ストーリークリアまで新ポケモンしか出てこないと言う触れ込みに惹かれての購入でしたがここへの期待は見事叶えられました。とにかく当たり前ですが初見だらけなので『こいつ何タイプだ?』とか『ギャース、進化したらかわいくなくなったorz』とか新鮮。
対人戦をするにはあいかわらず敷居は高いですが1人プレイRPGとしても十分楽しめます。

□10月
ゴッドイーターバーストマリオコレクション

GEBは無印とは違って体験版でかなり楽しめたので購入を決めるほどのもの
見た目とコンセプトでモンハンのパクリゲーみたいな扱いが多かったですが実際やってみると要のアクション部分が結構違うため印象が変わるはず。
せっかく面白い体験版があるのでデモンズ同様食わず嫌いの人に是非やってもらいたい。

マリコレはその名の通りコレクション的なものw
気が向いたときにちょっと遊ぶ用

□11月
クリミナルガールズ
かなり迷って見送ろうとも思ったんですが結局ちょい遅れで購入
現在もちょこちょこプレイ中ですがそこそこ面白いRPGって感じのゲーム。

具体的にいうと絵や『おしおき』という言葉に惹かれた変態紳士以外にはおすすめ出来ない。
定価6090円(税込み)と割高な内訳は甘めに見積もってもゲーム内容3800円程度の物にエロを足して6090円みたいなゲーム

□12月
モンスターハンターポータブル3rdテイルズオブグレイセスf

2010年はこの最後の月に出たMHP3にかなりもっていかれてしまった感じ。なんだんだろうこの中毒性は
ひたすら素材を集めるためにモンスターを倒し続ける、けどそれが面白い

グレイセスもテイルズとしてかなり出来がいい。というか自分のプレイした中ではPS2版デスティニーと同じくらい戦闘が面白くて好きかも
モンハンがなければ余裕でメインになりうるほどなんですが時期が悪すぎた。


とまぁこんな感じですかね
実はブログに書いてないソフトもそこそこにあるので実際はもっとやばいw
□1月
キングダムハーツバースバイスリープ
良ゲーなのは間違いないんですがディズニーに期待していると微妙かもしれません
スクエニキャラのオリジナルアクションRPGとしてみればかなり面白い。
ただ毎回完全を出すのはやめてほしいとこ。ただ買うならちょうど今年の1月ファイナルミックスが出るので英語音声が嫌じゃなければこちらのほうがいいでしょう

□2月
今年のゲームは特になし。
FF13はここでクリア。このゲーム結構書きましたが不満も大きいですが面白いですよ

□3月
アルトネリコ3を遅れて購入あとなんといっても世界樹の迷宮Ⅲ
ネリコは正直ゲームとしては激しく微妙。脱衣ゲー

世界樹はかなりツボなゲーム。萌えオタと言われ様が世界樹キャラデザがガチムチとかだとプレイはしていないことでしょうw
バランスを考えつつの趣味パーティでの迷宮探索マジオススメ

番外でトルネ、主にアニメとバラエティ録画ですが高画質アニメはこれまでとは世界が変わりました

□4月
スーパーストリートファイターⅣ
ただ単純に面白かった。そこまでやりこんだわけではないですが熱帯で元は十分取れるくらいはやりました。
現在アケで稼動した再びやりたいとこだがゲーセンになかなかいけないのでぐぬぬ

□5月
特になし。スパ4と世界樹メインにプレイしてたはず

□6月
トトリのアトリエラブプラス+、そして今頃デモンズソウル
トトリはかなり面白いゲームだとは思うんですがいまひとつハマれな買った感じ。1周目はいいんですが2周目以降目的のEDを目指そうとすると超絶作業ゲーになってしまうのが個人的に駄目だったのかも。作業ゲー自体は嫌いじゃないんですがね。

ラブプラスは結構悶えさせられたけどイベントが起きないときは
『毎日毎日同じことの繰り返しで付き合ってる気がしないんだヨー!!』(某テリーさん風)
あとリアルタイムシンクロイベントが無理ゲー
そんなこんなでもう数ヶ月起動・・・もとい会っていないので再開が怖いw

そしてデモンズソウルですがこれが本当想定外の面白さでまいった。トトリにイマイチ嵌れなかったのはこれのせいでもあるかも。本来こういう感じのゲームは好きではなかったのにここまで楽しめるとはデモンズソウル恐るべし。自分のような食わず嫌いの人に是非やってもらいたい


6月までの半年でこんな感じ。長くなると疲れるので後半は分けて書きます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。