主にゲームに関する日記や感想、情報などを自己満足のために記録するブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンジョントラベラーズをPSPでやりつつPS3ではこのゲームをプレイしていました
そしてつい先ほどプラチナトロフィーを獲ったので感想でも

元々ゲームとしても興味はあったんですが舞台がヴェネツィアと知り購入決定
ヴェネツィアと言えば個人的に大好きな『ARIA』の舞台の元になった場所。それは是非やっとかないといけないでしょう

内容は癒しとは程遠いアサシンとしての生活なんですがw
ただこのゲーム町を本当に自由に移動できるためサン・マルコ広場などにも訪れることが出来ます。実際になんてそうそういけないのでこれで我慢。

ちなみに特にこれといったイベントはないですがゴンドラも漕げます。ARIA好きにはこれはかなりうれしい、これでアリア社長のあとでも追ってみたいものです


ストーリーの方は1からの続きみたいなので理解したい方は素直に1からやったほうがよさ気。アサシンになってからは特に問題なくプレイできるはず

舞台はヴェネツィアだけではなくフィレンツェ他3つほど。それぞれに箱庭がありそのなかを自由に動けます。正直この移動がこのゲームの醍醐味みたいなもんで各町にはお金の入った宝箱や羽(収集アイテム)、隠されたシンボルや扉を探すのが楽しい。羽なんかはヒントがほぼないので攻略サイト必須ですが

移動のときはいいんですが戦闘関係は結構大味。カウンターが強すぎるため基本それ狙いになってしまう
あと煙玉無双

ゲームの性質上ターゲットの暗殺がメインとなるため本筋もサブミッションも似たようなものであまり変化がなく単調になってしまうのが残念なとこ。
暗殺以外では尾行や手紙の配達、町の中のチェックポイントを回るタイムアタック的なものなどがあります

こんな感じ?
面白そうとは思っていたけど想像以上に楽しめたゲームでした。
トロフィーがかなり取りやすいのもうれしいところ。正直これくらいがちょうどいい

余裕が出来たら続編のブラザーフットか1の方もプレイしてみてもいいかも

個人的評価
88/100



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lunaqua.blog114.fc2.com/tb.php/407-1156fa36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。